2007年05月29日

チ・ジニら韓流ロマンチックフェスティバルを前に会見

879046417477845116.jpg

 29日、チ・ジニ、チャン・ヒョク、ユン・ゲサン、コン・ユがそろって訪日、韓流ロマンチックフェスティバル2007開催にあたって記者会見に臨んだ。

 同イベントのプロモーションのため訪日した4人の韓流スターは、それぞれの近況や豊富を語った。


 いずれも主演クラスのトップ俳優たちだけあって、チ・ジニは『カインとアベル』の撮入を間近に控え、コン・ユは『コーヒープリンス1号店』の撮影にすでに入っており、チャン・ヒョクは『ありがとうございます』を好評のうち終了したばかりで次回作を準備中、ユン・ゲサンはまもなくキム・ハヌルと映画『6年間熱愛中』に入る、との多忙な近況を語った。

 韓流ロマンチックフェスティバル2007については全員が口々に「このようなメンバーが一同に会するのは本当にないこと。自分もわくわくするし、他の方々がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみ」などとした。


 そこでコン・ユが、「自分が皆さんの前に出るのはこのイベントが最後になるだろう」とドッキリ発言。「『コーヒープリンス1号店』とこのイベントを無事終えた後、入隊します」と告白した。

 それを受けて最近除隊したばかりのチャン・ヒョクが「軍隊は、行くとよりカッコよくなれるいい所だよ」と言い、やはり除隊して間もないユン・ゲサンとも顔を見合わせ笑いを誘った。


 さらにチ・ジニは「自分には軍隊は10年以上も前のことだが…皆さん素敵で若いですし、歌がうまかったり多才なのに、自分は特技がなく(イベントで)何ができるか自信がないが、がんばります」と謙遜しながらも貫禄を見せ、笑いも取っていた。

 韓流ロマンチックフェスティバル2007は6月23日にグッドウィルドーム(旧西武ドーム)で行われる韓国ドラマと音楽のコラボイベント。今回の4人のほかチョ・インソン、チャ・テヒョンや神話のM(イ・ミヌ)、シン・へソン、チョンジン、John-Hoon、人気グループのSS501など豪華な顔ぶれが予定されている。


東京=野崎友子通信員

朝鮮日報JNS
posted by かおり at 21:07 | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地味な格好で帰国したカンヌの女王、チョン・ドヨン

983575914440650679.jpg

 イ・チャンドン監督が手掛けた映画『密陽』で韓国の俳優で初めて主演女優賞を受賞したチョン・ドヨンが29日午後3時、化粧気のない顔にシャツ&ジーンズという地味な格好で仁川空港に姿を現し、明るく微笑んでいる。

イ・デドク記者

朝鮮日報JNS
posted by かおり at 21:06 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォン・ビン公式商品第1号<EVE>1000個限定販売

046074139293825120.gif

 今年3月にオープンしたウォン・ビンの公式商品販売サイト(http://www.binsavenue.com)。まるで絵本の世界が広がるようなページ構成でファンを楽しませている同サイトでは、毎月一つずつ限定販売の新商品を紹介している。

 同サイト初の公式商品はぬいぐるみ「EVE」。韓国が誇るテディベア・アーティスト、ウォン・ミョンヒ氏がデザインから製作まで手掛け、ハイクオリティな仕上がりになっている。

 ウォン・ビンの公式ファンクラブサイト「BINUS」ですでに500個が先行発売されているが、6月1日よりKorean-Styleでも日本向け一般発売を開始する。

567513585401222631.jpg

 また同サイトでは、ウォン・ビンが私物を出品する形で、毎月チャリティーオークションを行なうイベントも計画中だ。オークションの収益金はチャリティー団体を通じ、全額寄付する予定だ。

 復帰に向けリハビリに専念中のウォン・ビン。一日も早い復帰を待つファンたちには楽しい贈り物なるものと、ウォン・ビンファンの間では期待が高まっている。

ウォン・ビン公式サイト&ファンクラブ/朝鮮日報JNS

朝鮮日報JNS
posted by かおり at 21:03 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画:女帝[エンペラー]チャン・ツイィー来日舞台挨拶

b937.jpg

映画『女帝[エンペラー]』 ジャパンプレミア!

 6月2日の公開に先立ち、5月28日(月)に日比谷スカラ座で映画『女帝[エンペラー]』のジャパンプレミアが行われました。この日のために、フォン・シャオガン監督と、主演のチャン・ツィイーさんが来日! 日本のセレブの方たちとレッド・カーペッドに登場し華やかに場を盛り上げました。

>>特設フォトギャラリーはこちらから
http://www.livetaiwan.jp/news/newsc/jyotei.php

 この日のチャン・ツィイーさんは『女帝[エンペラー]』の鮮やかなまでの“紅”のイメージとは逆の清楚な白のドレスで姿を現しました。チャン・イーモウ監督の『初恋のきた道』でデビューしてから、あっと言う間にハリウッドへと上り詰め今やアジアを代表する女優チャン・ツィイー。フォン・シャオガン監督に手を引かれ舞台にあがった彼女は、スクリーンで見せる迫力が不思議なほど、ほっそりとした小柄な女性で、輝くばかりの笑顔とともに「また日本に来られて嬉しい」と挨拶してくれました。
 かたわらに立つつフォン・シャオガン監督は中国を代表する3大監督のひとり。ここ最近は発表する作品すべてが話題となる珍しいヒットメーカーです。『女帝[エンペラー]』はシェークスピアの「ハムレット」を下敷きにして作られた作品ですが、監督は「“ハムレット”と聞いただけで、つまらなさそう、とは思って欲しくない。ハムレットでありながら、ハムレットとは程遠い作品だから。」とヒョウヒョウと説明。さらに喜劇作品の多い監督が、今回悲劇に挑戦したことに対する感想を求められて「喜劇と思ってくれてもかまわないよ。」と場内の笑いを誘っていました。
 チャン・ツィイーは以前からフォン監督作品に出演したいと願っていたそうで、やっと思いがかなったと喜んだ途端、作品が時代劇でしかも悲劇と知り驚いたと語っていました。「今度の喜劇の作品に私を呼んでくれるかしら?」とチャン・ツィイーが可愛く質問するのに対し、監督は「多くのスターが私の作品に出たいと言ってくれるのは嬉しいことだ」とかわしており、どうやらフォン監督とチャン・ツィイーの二人の作品は今のところ『女帝[エンペラー]』のみとなりそうです。
 最近の中国メディアはチャン・ツィイーに対してプライベートから仕事内容にいたるまでバッシングを繰り返していますが、以前彼女はマスコミに対し「自分を信じて進みます」と力強いコメントをしていました。しかし、司会者の質問に少しはにかみながら答える舞台上の彼女はとても“女帝”とは程遠いイメージで、愛のためにすべてを投げ出す激しい女性を演じる彼女の女優としての力量に感心せざる得ません。
彼女自身今回の作品への出演はとても勉強になったそうで、「特に最後の独白の部分は映画で初めて経験しました」と語っていました。
 司会者からの質問が終わると、映画『女帝[エンペラー]』は日中文化スポーツ交流年認定事業であることから、日本のスポーツ選手代表でチャン・ツィイーの大ファンだという高見盛関が登場。映画にちなんだバラの杯を監督と彼女に手渡しました。チャン・ツィイーから「相撲の試合に連れて行ってくれるかしら? かわりに、私の映画を見せてあげる」と頼まれ、高見盛関は顔を真っ赤にし、「5月場所は昨日で終わってしまって・・・」としきりに残念がっており、観客たちも思わず大笑い。
最後はチャン・ツィイーの「女帝!」の掛け声のあとに会場にいた人々が「大ヒット!」と声を合わせ、『女帝[エンペラー]』のイメージであるバラの花びらが舞う中、プレミアは終了。舞台を去る間際まで手をふり、さらにファンの差し出した手に握手までしたチャン・ツィイー、わずかな時間でも多くの人を魅了する彼女が演じる『女帝[エンペラー]』に期待が高まるのは当然と思われるひと時でした。

『女帝[エンペラー]』

6月2日(土)より、有楽座ほか東宝洋画系にて全国公開

(c)2006 Media Asia Films(BVI) Ltd.Huayi Brothers Film Investment Co.,Ltd.All Rights Reserved.

チャン・ツィイー来日舞台挨拶 特設フォトギャラリー
〜舞台挨拶編・プレゼント贈呈編〜
http://www.livetaiwan.jp/news/newsc/jyotei.php

ライブ台湾
posted by かおり at 20:54 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F4ヴァネス:アフリカの子供救済に一肌脱ぐ

entertainment_0529_001_small.jpg

 台湾の人気グループ、F4の呉建豪(ヴァネス・ウー)と女優の楊采〓(チャーリー・ヤン)が28日、香港で行われたユニセフ(国連児童基金)の記者会見に出席し、アフリカ東部のジブチ共和国の子供らのため、募金活動に協力を呼び掛けた。(〓は女へんに尼)

 2人は3月11日から21日にかけて、干ばつで飢えに苦しむジブチの子供らを訪問。この時の様子が5月29日と6月5日夜、香港・無線電視(TVB)の翡翠チャンネルで放送される。

 彼らが腕に付けているのは、カルティエの「ラブ・チャリティー・ブレスレット」。売上金の一部がユニセフなどに寄付される。中国新聞社が伝えた。(編集担当:恩田有紀)

中国情報局
posted by かおり at 20:51 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。