2007年02月28日

周杰倫:初監督映画、1日17時間撮影で持病の発作

entertainment_0228_001_small.jpg

 台湾の人気ミュージシャン、周杰倫(ジェイ・チョウ、=写真)の映画初監督作『不能説的秘密』の撮影が台北の北側の町、淡水で進んでいる。ジェイの母校である淡江中学でのロケを含む「若者たちの切ないラブストーリー」で、ジェイ自身が主演し、台湾の若手女優、桂綸〓(グイ・ルンメイ)と香港のベテラン、黄秋生(アンソニー・ウォン)が共演。(〓は金へんに美)

  これまで、自らのミュージックビデオで監督を務めるなど、映像創りに大きな関心を寄せていたジェイだけに、撮影には相当力が入っている。1日に17時間を撮影に費やす日々で、持病の強直性脊椎炎の発作が出てしまったこともあり、周りのスタッフは「監督兼主演のジェイが倒れては大変!」とハラハラしているという。同作は3月初旬にクランクアップする予定。中国新聞社が伝えた。(編集担当:恩田有紀)

中国情報局
posted by かおり at 20:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビビアン・スー アカデミー賞のレッドカーペットに感激

b589.jpg

 現在、アメリカのハリウッドに遊学中の徐若☆(ビビアン・スー)。滞在先からアカデミー賞授賞式が行われたコダックシアターから近かったこともあり、授賞式前の会場を訪れオスカー像と記念撮影をしたビビアン。ハリウッドスターが通る前のレッドカーペットを歩いて感激したようだ。 
 自身のブログで遊学生活をつづりファンと交流しているビビアン。映画『スパイダーマン』や映画『スーパーマン』などに出演したハリウッドスターもよく姿を現すというアカデミー賞授賞式の会場を前に「1ドルで記念撮影が取れるの」と冗談を言って周囲を笑わせた。

 誰もが一度は歩いてみたいと夢見るアカデミー賞授賞式のレッドカーペット。授賞式の行われた現地時間の25日には、大勢の人が押し寄せ周辺の道は渋滞すると思っていたというビビアン。「渋滞しても裏道を知っているから大丈夫。すごいでしょ!」とハリウッドの生活にもすっかりなじんでいるようすを冗談交じりに話していた。

☆は玉偏に「宣」という字

ライブ台湾
posted by かおり at 20:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日刊スポーツ、05年に続き「ヨン様」ブック発売へ

200702280000231insert_1.jpg

 日本の日刊スポーツがペ・ヨンジュンの関連記事を集めた単行本を発売する。

 日刊スポーツは28日、ペ・ヨンジュンに関する報道を網羅した「日刊スポーツがみたBAE YONG JOON 05−06」を3月15日に発売する、と報じた。この本は2005年12月に発売された「日刊スポーツがみたBAE YONG JOON 04−05」の続編で、05年12月からこれまでに日刊スポーツが報道した記事や写真が収録されている。

 日刊スポーツはこの単行本について「最新ショット、未公開写真、今年放送予定の新作ドラマ『太王四神記』の最新情報など内容満載!」と紹介している。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 14:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SE7ENの単独コンサート、発売5分で全席売り切れ

200702280000161insert_1.jpg

 4月7日、ソウルで行われるSE7ENの単独コンサートチケットの前売りチケットが26日、発売開始5分で1万2000席が全席売り切れとなった。チケットの値段を考えれば、5分で7億ウォン(約8910万円)の売上を上げたことになる。

 ソウルオリンピック公園体操競技場で行われる今回のソウルコンサートは、SE7ENの今年最後の韓国でのコンサートであることから、当分の間SE7ENを見ることができない韓国のファンの関心が強く、所属事務所YGエンターテインメントは韓国のチケット前売りサイト4カ所を総動員することにした。このため、多くの人々が一度にアクセスしたものの、一時サーバーが不安定な状態に陥っただけで、チケットの販売には特別な問題なく、順調に5分で終了した。

 最近、激しい不況に陥っている公演業界で、5分で1万2000席がすべて売り切れとなるのは珍しいケースという評価だ。

 SE7ENはこれに先立ち、昨年日本の大阪と東京でそれぞれ2回ずつ行った単独コンサートでも、入場料の収益だけで30億ウォンを記録するなど、韓国と日本の歌謡界で最高のチケットパワーを誇っている。

 コンサート会場で販売されたSE7EN関連の商品は20億ウォン分に近く、2度に渡るYGファミリー共同コンサートに集まったSE7ENのファンによる収入を合わせれば、SE7ENが去年日本で記録した売上だけで60億ウォンを超えると日本の関係者は説明した。

 SE7ENは今年6〜7月に日本で新しいシングルを発表し、昨年より規模の大きい全国ツアーコンサートを計画していることから、さらに多くの海外公演による収入を得ることが予想される。

 SE7ENは日本での活動が終わり次第、米国に渡りファーストシングルを発表し、正式なプロモーションをスタートする予定だ。このままで行けば、SE7ENは米国の音楽市場でアルバムを出し、活動する韓国最初の歌手になる見込みだ。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 14:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イ・ソジン、キム・ジョンウンの誕生日パーティーに出席

200702280000411insert_1.jpg

 SBS『恋人』で恋人役を演じたイ・ソジンとキム・ジョンウンの縁が相変わらず続いている。

 イ・ソジンは25日、ソウル大学路の小劇場で非公開で行われたキム・ジョンウンの誕生日パーティーに出席し、2人の友情を見せつけた。この事実は、キム・ジョンウンのファンサイトへのファンの書き込みにより確認された。

 この日の誕生日パーティーは、3月4日に誕生日を迎えるキム・ジョンウンのためにファンサイト「キム・ジョンウン愛‐タヌキ村」が開催したもので、会員100人余りが出席し、キム・ジョンウンの誕生日を祝った。この際、俳優でただ一人ゲストとして出席したイ・ソジンが、キム・ジョンウンと同じような黒とグレーがマッチした衣装で登場し、目を引いた。

 2人の様子を見ていたあるファンは「2人は気の知れた友人のようだった。熱愛説を気にせず気軽に会っているようで、見ていて気持ちが良かった。2人のいい縁が続けばと思う」と語った。また、写真を見た別のファンも「2人ともすてきだ。これからもいい関係を続けて行ってほしい」とコメントした。

 1月に終了した『恋人』でイ・ソジンはやくざのボスとして、キム・ジョンウンは整形外科医として登場し、愛し合う恋人同士を演じたが、ドラマが終わった後も時々会っている姿が目撃され、熱愛説が飛び交った。しかし、2人は「いい友人」とし、熱愛説を否定している。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 14:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ソン・へギョ主演『黄真伊』、東南アジア4カ国に先行販売

200702270000221insert_1.jpg

 ソン・へギョ主演の映画『黄真伊』が東南アジア4カ国に先行販売されるなど、公開前から海外の映画界で高い関心を集めている。

 制作会社のシネ2000は26日、「『黄真伊』がマレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムなどに先行販売されるなど、熱い注目を浴びている。ヨーロッパの映画関係者も、マーケットを通じて公開したポスターに強い関心を見せ、5月のカンヌ映画祭のラインナップで注目すべき映画だと言っていた」と語った。

 最近、ベルリンで行われたヨーロッパ・フィルムマーケット(EFM)において海外市場に初公開された映画『黄真伊』は、予告編なしのポスターだけでマーケットに参加したが、強烈で高潔なイメージで海外の関係者らの注目を集め、アジア地域に先行販売されるという成果を得たという。

 今回公開された海外用ポスターは、韓国国内で紹介されたものよりもさらに強烈さが増している。凛々しい目つきでチマ(韓服でチョゴリ〈上着〉と対になる長いスカートのようなもの)を軽くつかんだ黄真伊の神秘的な姿にモダンな感じの花模様を刻み、「女王の心臓、賤民の魂(QUEEN AT HER HEART, HUMBLE IN HER SPIRIT)」というメインコピーと「天が送った朝鮮歴代最高の妓生(キーセン=芸妓)(The most divine courtesan Joseon has ever known)」というコピーを通じ、キャラクターに対する好奇心に加え、映画に対する期待を高めた。

 特にメインコピーの場合、エリザベス女王とジプシー・カルメンの人生を同時に生き、ジャンヌ・ダルクの時代の抵抗性とマリリン・モンローの性的魅力を同時に持ち合わせていた「黄真伊」というキャラクターを表現、「黄真伊」に馴染みのない海外の映画関係者らに強くアピールした。

 映画『黄真伊』は北朝鮮の作家、ホン・ソクチュンの同名小説を映画化したもので、10日にクランクアップし、今春の公開を控えている。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 20:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハン・ヒョジュ、日本で第2のチェ・ジウになれるか?

200702270000581insert_1.jpg

 新人女優のハン・ヒョジュが28日、『春のワルツ』特別放送(3月31日午後11時10分放送)の撮影のため日本を訪問する。

 ハン・ヒョジュの初めての主演作だったドラマ『春のワルツ』は、4月7日からNHK地上波で日本全国で放送される予定だ。

 『春のワルツ』は『冬のソナタ』で日本に韓流ブームを巻き起こしたユン・ソクホ監督の最後の連作四季シリーズの最終作品であることから、日本で大きな関心を集めている。また、ドラマの人気と共に、主演のハン・ヒョジュに対する期待も高まっている。

 純粋な笑顔と清純さが魅力であるという点で、日本では『冬のソナタ』で日本最高の韓流スターになったチェ・ジウの後を継ぐ清純派美女とされている。

 現在、ハン・ヒョジュはKBS連続ドラマ『空くらい地くらい』で主演を演じ、1週間のうち、水曜日以外の6日間がすべて撮影という忙しい毎日を送っている。今回の日本訪問も28日の朝に出国した後、翌日の朝に韓国に戻り、ドラマの撮影を再開するという超ハードなスケジュールの中で行われる。

 所属事務所のファントムエンターテインメント側は「1週間に1日だけの休日を使った日本訪問になるが、初めての主演作であるだけに、ハン・ヒョジュ本人も愛着が強い作品。今回の日本訪問は肉体的には辛くても、心は喜びで一杯のようだ。これまで暇を見つけては勉強してきた日本語の実力も披露するだろう」と伝えた。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 20:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国芸能界、「ヨン様」など1972年生まれには独身が多い?

200702270000381insert_1.jpg

 芸能界の適齢期を過ぎた独身男女のうち1972年生まれが多いことが分かった。ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、コ・ソヨン、リュ・シウォン、キム・ジス、キム・ジュヒョク、イ・フィジェ、チョン・ソニ、イ・ユンソク、ソテジなどが全員1972年のねずみ年生まれ。年齢にすれば34歳か35歳だ。

 美貌の管理が行き届いているため、20代後半と比べてもまったく見劣りのしないスターたちだが、心理的には結婚に対する焦りが出てくる年齢でもある。

 まず、親の心配はかなりのものだろう。いくら普通の人とは違う芸能人であるとはいえ、スターもやはり人間なのだから、親の心配を無視し続けることは難しい。2世の計画を立てるのにも少なからず影響があるはずだ。女性の場合、35歳を過ぎての出産は羊水検査、奇形児検査、妊娠中毒、早産の危険など、さまざまな問題にも直面することになる。

 俳優としてのアイデンティティーにも揺らぎが生じる。

 結婚していない若者を演じるには、実際の年齢がドラマとのギャップを視聴者に感じさせてしまう。だからといって普通の35歳のような“おばさん”“おじさん”の役割を演じるのはプライドが傷つく。どのように自分を演出すればいいのかということも悩みのひとつだ。

 しかし皮肉にも韓国の芸能界をリードしているパワフルな人物は1972年生まれに集中している。代表的な韓流スターのペ・ヨンジュンをはじめ、チャン・ドンゴン、コ・ソヨン、リュ・シウォンは輝くようなスターパワーを発揮し続けている。

 実際の年齢では崖っぷちに立たされているが、実力だけは最高を誇る1972年生まれの今後の活躍がさらに期待される。

ユ・アジョン記者

スポーツ朝鮮/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 20:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケン・チュウ 東京国際フォーラムでファーストコンサート

無題3.bmp

無題4.bmp

 2月24日と25日に東京国際フォーラムで行われた朱孝天(ケン・チュウ)ファーストコンサート。友人のJackyが作曲した「我不難過」を歌い悲しそうにため息をついたケン。昨年の父親の死を思い出したのか、ステージの裏では同じく親を亡くした馬玉芬(マー・ユーフン)と励ましあっていたという。
 2006年の3月以来のコンサートとなったケン・チュウ。ウィスキーを飲んで気持ちを落ち着かせていたのだとか。コンサートで「Something」を歌ったときは、バーカウンターのセットを前に酒を飲んでみせた。コンサート後の記者会見で「F4コンサートの時もステージの裏で飲んでいたよ。お酒を飲んでステージに出ると自然に慣れるから」と話していたケン。それでもF4メンバーの中で一番酒に強いわけではないそうだ。

 今回のコンサートにゲストを招かなかったことについて聞かれ「日本や香港のコンサートには台湾のように毎回ゲストを招く習慣はないから」と答えたケン。F4メンバーからは花が送られていたが、噂の恋人、麻衣の姿がなかったことについて聞かれると「彼女が来ても来なくても友情に代わりはないよ。彼女にプレッシャーをかけないでほしい」と話し、彼女との関係については否定も肯定もしなかった。他のF4のメンバーともこれまで恋人の噂についてはお互い聞かないのだという。

 「流星花園」の人気で日本にも多くのファンを持つF4。ケンの所属事務所は、プロモーション不足からコンサートチケットの売れ行きを心配していたそうだが、その心配をよそにコンサートは盛況のうちに幕を閉じたという。コンサートを振り返り「点数はつけられない」と話すケン。「英語を早口で話してばかりで、日本語をあまり話さなかったコンサート初日より二日目のほうがうまくできた」と話していたが、ケンが盛り上げなくても、音楽とともにファンが興奮。両日ともに盛大なコンサートとなったようだ。

ライブ台湾
posted by かおり at 20:24 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

『一番街の奇跡』、2週連続で興行成績トップ

200702260000431insert_1.jpg

 ハ・ジウォン&イム・チャンジョン主演の『一番街の奇跡』が2週連続で興行成績1位になった。

 26日に映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワーク(242映画館、1676スクリーン、スクリーン加入率93%)の集計によると、『一番街の奇跡』は23日から25日までに39万3784人を動員、週末興行成績で1位となった。シェアは25.9%。

 今月15日、旧正月連休を前に公開された『一番街の奇跡』は、2週連続で興行成績のトップに輝いたことになる。

 チャ・テヒョン主演の『覆面ダルホ』は同期間中25万1651人を動員し、2位に入った。シェアは16.5%。

 第79回米アカデミー賞8部門にノミネートされた『ドリームガールズ』は18万5549人で3位、『浮気日和』は12万9356人で4位、22日に公開された『マガンホテル』は10万6872人で5位だった。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 16:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒョンビン「ファン・ジヒョンさんに好感持ってます」

200702260000361insert_1.jpg


 トップスター、ヒョンビンが交際中のファン・ジヒョンについて自らの気持ちを率直に語った。

 海外旅行中だったヒョンビンは25日、自身のファンサイトに「韓国に戻って来て」というタイトルの文を掲載、最近伝えられたファン・ジヒョンとの熱愛説について告白した。

 ヒョンビンは「今、家族(ファン)の皆さんが一番気がかりだと思うので、真っ先に伝えたくてこの文を書きます」と書き出している。

 そして「ファン・ジヒョンさんに好感を持っていて、互いをよく知ろうとしているところ。いい友達としてお付き合いしています」と書いた。

 しかし「恋人と言われるのにはまだ少し違和感があります」とも語っている。

 ヒョンビンは「今回の件でいい雰囲気が壊れないよう、望んでいます」としながらも「多くの方々が驚いたと思います。僕も韓国にいない間にこんなことになって少し当惑しました。みなさんを驚かせて申し訳ありません」と配慮を見せた。

 最後に「いい作品で早く皆さんの前に姿をお見せしたいです」と締めくくった。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 16:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェ・ジウ&イ・ジョンジェ主演の『エアシティー』、ポスター公開

200702260000281insert_1.jpg

 イ・ジョンジェとチェ・ジウのテレビドラマ復帰作として注目を浴びているMBC『エアシティー』がついにベールを脱いだ。

 『エアシティー』主演陣は9日に仁川国際空港でポスター撮影を行い、これが初公開された。

 この日はイ・ジョンジェ、チェ・ジウ、イ・ジヌク、ムン・ジョンヒら主演陣が参加、写真家チョ・ソンヒが撮影した。

 『エアシティー』のポスター撮影は、仁川国際空港の旅客センター・滑走路・旅客ターミナル庁舍の屋根などを背景に、15時間近くにわたり行われたという。

200702260000282insert_2.jpg

 制作会社HBエンターテインメントのユン・ホジュン室長は「3月初めに先行ポスターを、3月末の制作発表会で本ポスターを正式に公開する予定。輸出を視野に入れ、海外用も別途作成するなど、作品を最大限表現できるよう全力を注いでポスターを制作しているところ」と語った。

 MBCで今年前半に放映される予定の『エアシティー』は、約3万人の職員が働く都市にも例えられる仁川国際空港を背景としたドラマ。特に、一般の出入りが禁止されている仁川国際空港内部やエアサイドで初めてポスターやドラマが撮影されることでも話題を集めている。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 16:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リン・チーリン 映画『赤壁の戦い』に向けて演技を磨く

b270226102.jpg

 旧正月の大晦日にあたる17日に鴻海(FOXCONN)グループのパーティに出席、その後9日間の旧正月休みのほとんどを自宅で過ごしたという人気モデルの林志玲(リン・チーリン)。仕事始めとなる26日の午前、モデル事務所CATWALKの式典に出席するという。
 今年は『赤壁の戦い』で映画界への一歩を踏み出すチーリン。3月末から北京近郊で行われるという撮影が始まると数ヶ月は自宅に帰って来られないため、旧正月休みは両親や親戚と過ごす時間を大切にしたのだとか。この映画について半年近く勉強しているというチーリン。時間を惜しむように「小喬」役の真髄を専門家から学んでいるそうだ。

ライブ台湾
posted by かおり at 16:15 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

ムン・グニョン「一番尊敬する人は祖母」

200702250000121insert_1.jpg

 女優ムン・グニョンがこの世で1番尊敬しているのは小学6年のときからマネージャーをしてくれた祖母だと話した。

 ムン・グニョンは24日、ソウル大学路サンサンナヌムシアターで2年ぶりに行ったファンミーティングで、「1番尊敬する人は誰か」という質問にこのように答えた。ムン・グニョンの関係者は「ムン・グニョンは祖母から教わることが多いとしながら、尊敬の気持ちを口にすることが多い」と伝えた。

 ムン・グニョンの祖母シン某さん(75)は小学6年生のときから芸能活動をしているムン・グニョンといつも同行し、対人関係をはじめさまざまなアドバイスをしてきたとされている。

 ムン・グニョンはこの日のファンミーティングで、有名人であるがゆえに経験する辛い心情を吐露した。

 インターネットのファン同好会のサイトによくアクセスするかという質問にムン・グニョンは「ほとんど毎日見ている。掲示板にメッセージを残したいが、そうするとすぐにメディアが記事にしてしまうので、そうすることができない。そうでなければ毎日でもメッセージを残したい」と話した。

 この関係者はまた、「ムン・グニョンとファンの触れ合いの様子がすぐに記事になってしまうので、ファンも嫌がっている。ムン・グニョンもそれについて心苦しく思っているようだ」と話した。

 ムン・グニョンはこの日、全国各地から集まった200人余りのファンと楽しい時間を過ごした。ムン・グニョンはファンミーティングの最後に200人のファンと1人1人握手を交わした。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 12:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

『魔王』チュ・ジフンに潜む「悪魔的な冷酷さ」

200702240000321insert_1.jpg

 『魔王』のチュ・ジフンの童顔に隠された悪魔的な冷酷さが明らかになる。

 来月21日に放映が始まるKBS水木ドラマ『魔王』に出演が決まり、現在撮影真っ最中のチュ・ジフン。今回は「善」と「悪」の両面性を持つ役に挑む。

 世間の怖さを早くも知り尽くしてしまった弁護士、スンハ役にチュ・ジフンをキャスティングしたパク・チャンホンプロデューサーは「外見は優しそうだが、内面に悪魔の冷酷さを持つスンハという役のイメージがチュ・ジフンにはある」と期待を見せた。

 チュ・ジフンは「スンハは復讐を誓い、それを中途半端に実行するような平凡な人物ではない。善と悪を同時に持ち合わせおり、徹底した計画の下、絶対者のような余裕とあらゆる状況をコントロールする能力を持つ人物という設定なので、演じるのは簡単ではなさそうだ」と打ち明けた。

 そして「ドラマ『宮』の後、多くの人に関心を持ってもらえるようになったが、これはすべてドラマのおかげ。役が決まってから(パクPDの前作ドラマ)『復活』を見た。新鮮な感じがしたが、今回のドラマも日常では接しにくい新鮮な素材で、ドラマの構成も緻密なのでとても興味深い」と語った。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 20:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リュ・シウォン、巨人戦で始球式…イ・スンヨプと対面へ

200702240000251insert_1.jpg

 韓流スター、リュ・シウォンが日本プロ野球界の名門チーム、読売ジャイアンツの試合で始球式を行う。

 その後リュ・シウォンは、巨人の4番打者として大活躍しているイ・スンヨプとも対面する予定だ。

 リュ・シウォンの関係者は24日、「リュ・シウォンは4月に巨人の本拠地・東京ドームで行われる開幕試合か今季初の週末試合で始球式を行う」と語った。巨人はリュ・シウォンが韓国だけでなく日本でも人気が高いスターであることを考慮、始球式のオファーを出したという。

 この関係者は「リュ・シウォンは始球式後、イ・スンヨプ選手と対面する。リュ・シウォンはイ・スンヨプ選手のファンの1人として、今回の対面を非常に楽しみにしている」とも語った。

 リュ・シウォンの今回の始球式出席は、昨年もう1人の韓流スター、アン・ジェウクが東京ドームで始球式を行い、イ・スンヨプがキャッチャー役を務めたイベントに続くもので、韓日両国のファンも注目している。

 昨年に続き今年も韓国観光広報大使に任命されたリュ・シウォン。4月と5月に日本でシングルとアルバムを相次ぎリリースする予定で、 現在その最終作業の真っ最中だ。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 20:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソン・ヘギョ、シドニーでも大人気…歓声で写真集の撮影が遅延

200702230000691insert_1.jpg

 ソン・ヘギョが中国に続き、今度はオーストラリアのファンを魅了した。

 今年初め、女性ファッションブランド「ROEM」の専属モデルになったソン・ヘギョは最近、シドニーで夏の写真集の撮影をしながら“ファンとの戦争”を繰り広げた。

 ソン・ヘギョを一目見ようと集まってきたファンのため、撮影が遅延しただけでなく、ポーズを取る度に歓声が上がり撮影ができないかったという。撮影スタッフも「オーストラリアではなく韓国のようだ」とし、ソン・ヘギョのグローバルな人気に舌を巻いたほど。

 「ROEM」側は、シドニーの古風な町並みを背景にしたソン・ヘギョの美しさでブランド価値がアップすると期待している。

 ソン・ヘギョの女らしいSラインがふんだんに取り込まれたROEMのCMは、来月から放送される予定だ。ソン・ヘギョは現在、映画『黄真伊』の撮影を行っている。

キム・ソラ記者

スポーツ朝鮮/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 11:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

リュ・シウォン、サポーターズの声援を受け「味対味」収録

200702230000371insert_1.jpg

 22日、韓国文化観光広報大使任命式に臨んだリュ・シウォンは同日、司会を務めるSBSの人気料理バラエティー「決定! 味対味」の収録を行った。

 同番組の収録は毎週行われているが、この日のスタジオは雰囲気がいつもと違っていた。最近、新パートナーとなったカン・スジョンアナとリュ・シウォンの相性がいいから? それもありそうだが、この日、リュ・シウォンの笑顔はいつにも増して客席に向けられ、その魅力を大いに振りまいていた。

 その理由は視線の先、客席最前列に並ぶ8カ国から訪れているリュ・シウォンのファンにあった。

 韓国文化観光部は、リュ・シウォンの文化観光広報大使任命と共に、リュ・シウォンのファン代表の彼女たちをコンパニオン(サポーターズ)として任命し、韓国に3泊4日で招待。そのプログラムの一環として「味対味」の収録を見学に訪れていた。

200702230000372in_06.jpg

 収録中にも「今日はリュ・シウォンさんのファンが世界各国から来ているんですよね」と話を向けられると、こぼれんばかりの笑顔で各国名を一つずつ挙げながらファンを紹介するなどした。

 4時間以上にわたる長い収録だったが、ファンも疲れを見せず「時間を忘れていた」というほど集中。「本当においしさが伝わってくる」と、試食シーンが好評な番組収録を楽しんでいた。

 多忙な1日のリュ・シウォンだったが収録後も疲れを見せることなく、はるばる世界各国から応援に来てくれたファンをねぎらい、写真撮影に応じるなど終始笑顔を絶やすことがなかった。

 なお、この日の料理対決は鯛の天ぷらVSカシベエビ(体長10センチほどで赤く、全体的にトゲがある)焼き。3月4日、午前10時50分に放映される。

ソウル=野崎友子通信員

朝鮮日報JNS
posted by かおり at 16:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム・ギドク監督『Breath』、完成前に10カ国以上へ販売

200702230000001insert_1.jpg

 キム・ギドク監督14作目の映画『Breath』が完成前に海外10カ国以上へ販売されることが決まった。

 韓国映画の海外輸出を手がける「シネクリック・アジア」が22日に発表したところによると、『Breath』(制作:キム・ギドク・フィルム)は今月8日から18日まで開かれたベルリン国際映画祭のヨーロピアン・フィルム・マーケットでバイヤーらの注目を集めたという。現在、編集作業中の『Breath』だが、未公開状態でスペインのゴルレムディストリビューション、ブラジルのプロビデンスフィルム、旧ソ連のメイウィンメディアなどに販売されたという。

 シネクリック・アジアでは「すでに販売が決まっているイタリア・メキシコ・ギリシア・ベルギー・オランダ・ルクセンブルク・イスラエル・トルコを入れると、『Breath』は映画完成前に10カ国以上に販売されたことになる」と話している。

 『Breath』は夫の浮気を目撃し失意のどん底に落ちた女と、刑の執行が迫っている死刑囚のラブストーリー。ハ・ジョンウが夫役、『グリーン・デスティニー』の台湾スター、チャン・チェンが死刑囚役を演じる。ヒロインは演技派女優のパク・チア。

STARNEWS/朝鮮日報JNS
posted by かおり at 11:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

妊娠3カ月のセシリア、16時間睡眠はダメ?

entertainment_0222_001_small.jpg

 謝霆鋒(ニコラス・ツェー)の父で俳優の謝賢(パトリック・ツェー)は21日、香港のラジオ局の取材に応じ、ニコラスと結婚して現在、妊娠3カ月とされる女優の張柏芝(セシリア・チョン、=写真)の近況を語った。

  セシリアは現在、祖母のいるカナダ・バンクーバーに滞在しており、1日16時間の睡眠をとっているため、謝賢に歩いたり軽い運動をするようにたしなめられているとか。

  また謝賢は、出産後も女優を続けるかどうかについては「彼らの好きにすればいいが、仕事を辞めたら食べていけないからね」とあいまいな言葉を残した。中国新聞社が伝えた。(編集担当:恩田有紀)

中国情報局
posted by かおり at 19:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。